LOG IN SIGN UP
Documentation

HTTP リクエストおよびレスポンスヘッダの追加または変更

HTTP ヘッダは、HTTP (Hypertext Transfer Protocol) によるリクエストおよびレスポンスメッセージのヘッダ部分を構成する要素です。これらのフィールドは HTTP トランザクションの動作パラメータを定義します。ヘッダを作成して設定する際には、ユーザに対してそのコンテンツをどのように提供するかを決定することができます。ヘッダの追加と編集の方法を以下のステップに示します。

新しいヘッダの作成

  1. Fastly アプリケーションにログインします。
  2. configure (ウィンドウの最上部にあるレンチアイコン) をクリックします。
  3. Services メニューで、該当するサービスを選択します。
  4. 青色の Configure ボタンをクリックします。
  5. 左側のリストから Content ペインをクリックします。

    the Content pane

  6. Headers エリアの New をクリックします。New Header ウィンドウが表示されます。 New Header window

  7. 以下の要領で New Header ウィンドウに入力します。

    • Name フィールドに、ヘッダルール名を入力します (例: My header)。
    • Type/Action メニューから、使用するヘッダのタイプと、そのヘッダに実行するアクションを選択します。
    • Destination フィールドに、選択したアクションを適用するヘッダ名を入力します。
    • Source フィールドに、そのヘッダに対応するコンテンツのソースがどこかを入力します。
    • Destination フィールドのヘッダを変更したい場合は Ignore If Set メニューから No を選択し、変更したくない場合は Yes を選択します。
    • Priority フィールドに、ヘッダのルールを実行する順番を入力します。

    これらの各操作の詳細は、以下のフィールド記述表に示します。

  8. Create をクリックします。

ヘッダの編集

  1. Fastly アプリケーションにログインします。
  2. configure (ウィンドウの最上部にあるレンチ・アイコン) をクリックします。
  3. Services メニューで、該当するサービスを選択します。
  4. 青色の Configure ボタンをクリックします。
  5. 左側のリストから Content ペインをクリックします。

    the Content pane

  6. Headers エリアで、設定するヘッダの横にあるギヤ・アイコンをクリックして Edit をクリックします。Edit Header ウィンドウが表示されます。

    the Edit header window

  7. Fill out the Edit Header window as follows:

    • Name フィールドに、ヘッダールール名を入力します (例: My header)。
    • Type/Action メニューから、使用するヘッダのタイプと、そのヘッダに実行するアクションを選択します。
    • Destination フィールドに、選択したアクションを適用するヘッダ名を入力します。
    • Source フィールドに、そのヘッダに対応するコンテンツのソースがどこかを入力します。
    • Destination フィールドのヘッダを変更したい場合は Ignore If Set メニューから No を選択し、変更したくない場合は Yes を選択します。
    • Priority フィールドに、ヘッダルールを実行する順番を入力します。
  8. Update をクリックします。

フィールド記述表

Header ウィンドウの各フィールドの意味を以下の表に示します。

フィールド 説明
Name Name フィールドは、特定のヘッダルールを区別して内容を判断するための識別名を指定します。このフィールドには、分かりやすい単語や表現を入力してください。
Type Type メニューは RequestResponse、または Cache に設定できます。Request を選択すると、ユーザーからのリクエストが変更されます。この場合は、オリジンサーバに送られてきたリクエストが処理対象になります。Response を選択すると、ユーザーに返信する HTTP レスポンスが処理対象になります。Cache を選択すると、Fastly サーバへの保存前にオリジンサーバから返信される HTTP レスポンスが処理対象になります。つまり、加えた変更はキャッシュヒットの時点で反映されます。
Action Action メニューは、SetAppendDeleteRegex、および Regex All に設定できます。Set (デフォルト) を選択すると、ヘッダに値が書き込まれます (既に値が存在する場合は上書きされます)。Append を選択するとヘッダの末尾に値が追加され、ヘッダが存在しない場合はその値が設定されます。Delete を選択すると、ヘッダが削除されます。この選択時には、Header ウィンドウの Source フィールドが非表示になります。Regex を選択すると、入力した正規表現に基づいて特定テキストの検索と置換を行うことができます。この選択時には、Header ウィンドウに Regex および Substitution コントロールが表示されます。Regex All を選択すると Regex と同じ機能を使用できますが、検索と置換を何度も行える点が異なります。この選択時には、Header ウィンドウに Regex および Substituion コントロールが表示されます。
Destination Destination フィールドは、Action の設定内容が適用されるヘッダ名を決定します。ヘッダルールは HTTP ヘッダー以外にも適用できるので、このフィールドへの入力内容は次のようなフォーマットにする必要があります。http.Header-Name
Source Source フィールドは、Set、Append、Regex、および Regex All の各アクションを選択すると表示されます。Action メニューで Delete を選択すると、このフィールドは Header ウィンドウで非表示になります。これは、ヘッダに対応する新しいコンテンツのソースをどこにするかを決定します。Source には数多くのオプションがあります。最も簡単なのが、"My Static String" といった固定文字列です (引用符を含む)。他のオプションとしては、client.ipreq.http.Another-Headergeoip.city などがあります。新規コンテンツのより一般的なソースについては、以下に示す「新規コンテンツの一般的ソース」のリストを参照してください。
Regex Regex フィールドは、Action メニューで Regex または Regex All を選択した場合のみ Header ウィンドウに表示されます。このフィールドを使用すると、入力した正規表現に基づいて特定テキストの検索と置換を行うことができます。
Substitution Substitution フィールドは、Action メニューで Regex または Regex All を選択した場合のみ Header ウィンドウに表示されます。このオプションは、正規表現によって削除されたテキストを Substitution フィールドに入力したテキストに置き換えます。
Ignore If Set デフォルトでは、このフィールドは No に設定されています。これは、変更しようとするヘッダがすでに存在する場合でも、そのヘッダが変更されることを意味します。
Priority Priority フィールドは、ヘッダルールを実行する順番を決定します (例えば、このフィールドを 1 にすると、そのヘッダルールが最初に実行されます)。最初にいくつかのヘッダを設定して、それらに基づいてさらに他のヘッダを設定する場合は、この設定が重要になります。

新規コンテンツの一般的ソース

名前 有効なタイプ 説明
req.http.Fastly-Client-IP Request, Cache, Response クライアントの本当の IP アドレス。
client.ip and client.identity Request, Cache, Response クライアントの IP アドレス。これらの変数は使用可能ですが、常にソースの IP アドレスを表示するわけではありません。例えば、シールディングが有効になっている場合はエッジノードの IP が表示される場合があります。本当のクライアント IP アドレスを表示するには、req.http.Fastly-Client-IP を使用してください。

重要: 場合によっては、クライアント IP データが機密扱いされていることがあります。ストリームや保管をする機密の IP データは、確実に保護してください。
server.identity Request, Cache, Response Fastly のサーバがリクエストを処理するための一意の識別子。
server.region Request, Cache, Response Fastly のサーバが配置されている地域。
server.datacenter Request, Cache, Response Fastly のサーバが配置されているデータセンター。
req.url Request, Cache, Response クライアントからの HTTP リクエストの URL。
req.http.* Request, Cache, Response HTTP リクエストのヘッダ。次のフォーマットでアクセスします: req.http.HeaderName
beresp.status Cache オリジンサーバが返したステータス。
beresp.http.* Cache オリジンの HTTP レスポンスのヘッダ。アクセス: beresp.http.HeaderName
resp.status Response クライアントに返すステータス。
resp.http.* Response クライアントに返す HTTP レスポンスのヘッダ。アクセス: resp.http.HeaderName
geoip.* Request, Cache, Response クライアント IP の GeoIP 値 (詳細については GeoIP に関する記事を参照)。

Translations available [EN] English

翻訳についての注意事項Back to Top